キャンプ道具の積載








こんちはです。







昨夜はブログサーバのメンテナンスがあったようなのですが、

皆さん、ちゃんと見る事できましたか?




ずっと以前から不調だったりはあったのですがここ最近ヒドイです。


メンドーだからお引越ししたくはないのですがね。

大手企業さんなのだから何とかしてください。













さて、今日はキャンプ道具について。





最近、バイクに乗ってないので荷物の大きさが増すばかり。

気を付けているのだけど中々小さくする事は難しい・・・。









画像




最近のオイラのスタイルです。




道具の詰まったコンテナBOX

クーラーBOX

銀マット

寝袋

椅子

テーブル

ペグ類の入ったツールバック

着替えやテントを詰め込んだトートバック






これらが基準で状況により

タープや焚火台なんかがプラスされます。







これがツーリングキャンプ仕様となると

椅子、寝袋、テーブル、マット等をツーリング用のコンパクトな物と入れ替え。

道具は必要分だけにしたりします。

炭も1~2kg位を袋詰め直ししたり。







まぁ、普通にオートキャンプオンリーな人達と比べると

大分コンパクトな荷物だとは思うのですけどね。







今回考えたのはコンテナBOXの中身。



毎回コレだけ積んでおけば何とかなる様にイロイロな物が入っています。

毎回確認もせずにこれだけポイッと車に積んで

あとははテントと寝袋さえ詰めば何とかなります。



入るからと使わない物も入れっぱなしになっているんですよね。







いっその事、箱を小さい物に変えてしまいましょう。





画像




今までは内容量45L、用意したのは25Lの箱。



20Lもの削減は可能でしょうか?







これまでも何度となく箱の中身は入れ替えをおこなってきたのですが、

必要と思われる物を選択して詰める方法でした。



今回は逆の発想で今まで詰め込んでいた道具の中から使わない物を選択しました。






画像





おぉ~



何となく収まりました♪





これで運搬が少しは楽になるでしょう。




でも、これから寒中、雪中の季節。

きっとまた荷物が増えて大きい箱に戻ってしまいそうな気がするな・・・。






とりあえず次回はこの状態でチャレンジして見ようかと思います。













次回・・・。











今週末も企んでいます(笑)














"キャンプ道具の積載" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント